● お米の炊き方


 まず計量カップでお米をすくって、軽くゆすって下さい
 少し減ると思います、そこへ少し足して下さいね。それが正確な量です。

 ※一升マスで量った一升って、1.4〜5kg?と曖昧なのはここに理由があります。

 そしてお米を研ぎます
 水を注いで一回目は軽くすすいですばやく水を切って下さい
 後はいつものようにシャッシャッと
 「研ぐ」と言うより、グルグル回す様な感じで20周ほど
 水を注いで、サァーっと流します。
 もう一度、グルグル回す様な感じで研いで、水を注いでサァーっと流します。
 ザルでお米を研ぐのはお薦めしませんが、ここで水を切るのにザルは便利ですね。
 しかし、水を切ったまま放置したらお米が割れていきますのでご注意下さい。

   ※ほぼ2回で良いと思いますが、買ったお店によってお米や精米機が違うので
    「私はいつも2回研ぐ」と決めずに状態をみて研いで下さいね。

 ここで炊飯するお水を注ぎます。
 キレイに透き通るまで研ぐ必要はありません、少々白く濁ってた方が良いですね。



 水加減は基本お米の1.2倍となります、各メーカーの炊飯器も基本1.2倍設定です。
 ご家庭でのお好みで水の増減、やわらかめ、硬め設定は決めて下さい。

  ※山間地のお米は獲れた山の水で炊くとものすごく美味しくなる反面
   平地の水道で炊くと「ん?」と思わせるほど味が落ちることがあります、
   山間地のお米を炊く場合ミネラルウォーターの使用をお薦め致します。

 浸水時間は、夏場で30分、冬場で60分が目安です。
 ジワ〜ッと旨味を作るアルファ化しますので貴重な時間ですね
 浸水を流水でされるところもありますが、台無しです。
 お釜を拭いて、炊飯器へ入れて時間が来たらスイッチオンです。

 ※初夏からはスイッチを入れる直前に「氷」を一個入れて炊くのもお勧めです!

 最近の炊飯器は蒸らしもされてるので、できた時が「ほぐす」タイミング
 底から余計な水分を飛ばす様なイメージでほぐします。

  ※ごはんがお釜と同じ形で固まってたことありませんか?
   しかも、湯気が上蓋で水になって、落ちて底に貯まりますので、
   底の方のお米はベチャベチャになってしまいます。

    ごはんが炊けたらほぐしましょう!

 ここで紹介したのは基本に近いものです。
 各ご家庭により、工夫、応用されて様々な炊き方があると思いますので
 「絶対このようにして下さい」と言うものではありません。
 水はこの関節までと母に習った!
 うちは昆布入れるから、備長炭入れて炊くから・・・と様々です。
 それはその「家庭の味」になりますから大事に継承していって下さい。







お客様へお知らせ
ご注文の流れ
ご注文時の注意点
銀行振込
クレジット決済
商品代引
配送について
クロネコヤマト宅急便
お米管理保存
お米すたいる
お米作況指数
食味ランキング



2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

定休日
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

定休日

モバイルショップ


佐賀んとファームのバナー広告